まちづくり委員会規約

(名称)
第 1 条 この会は、魚沼市まちづくり委員会(以下「委員会」という。)と称する。

(目的)
第 2 条 委員会は、魚沼市まちづくり基本条例に掲げる「市民主体のまちづくりを推進し、誇りある地域社会の実現を図る」ことを目的とする。

(委員会の運営の原則)
第 3 条 委員会は、自己決定、自己責任の原則のもと、官民協働のシステムとして、魚沼市まちづくり基本条例に基づき、市民が自主的に運営するものとする。

(事業)
第 4 条 委員会は、市民参画のまちづくりのため、概ね次の事業を行う。
(1) 市、関係団体及び市民から示されたテーマについて意見を述べること。
(2) 市民参画、協働のまちづくりのための調査研究を行い、市、関係団体及び市民に提言すること。
(3) その他目的を達成するために必要な活動

(構成)
第 5 条 委員会は、次に掲げる者をもって構成する。
(1) 市民
(2) 会長が認めた者

(役員)
第 6 条 委員会に、次の役員を置く。
(1) 会 長 1名
(2) 副会長 2名
(3) 部会長 4名

(役員の選出)
第 7 条 会長は、運営委員会で定める方法により選出し、副会長は会長が指名する。
2 部会長は、各部会に属する委員(以下「部会委員」という)の互選により選出する。

(役員の職務)
第 8 条 役員の職務は、次のとおりとする。
(1) 会長は、委員会を代表し、会務を総括する。
(2) 副会長は、会長を補佐し、会長が欠けたとき又は会長に事故があるときは、その職務を代理する。
(3) 部会長は、役員会を構成し、本会の機能を強化する。
2 役員の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。
3 役員に欠員が生じたときは、役員の補充をすることが出来るが、任期は前任者の残任期間とする。
4 役員は、総会において承認を受ける。
 
(部会)
第 9 条 委員会に、第4条に定める事業を行うため、次の部会を置く。
(1) 生活自然環境部会
(2) 健康福祉部会
(3) 地域産業振興部会
(4) 教育文化部会
(5) 政策部会
2 部会は、部会に入会を届け出た委員で構成する。
3 部会に、部会長を補佐する副部会長を置き、部会委員の互選により選出する。
4 部会長及び副部会長の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。
5 部会への入退会は、会長に届け出るものとする。

(総会)
第10条 総会は、次の事項を付議するため、必要に応じ、運営委員会で決定のうえ、会長が召集し開催する。
(1) 規約の改正
(2) 事業計画の決定及び事業報告の承認
(3) 役員の承認
(4) その他重要な事項
2 総会の議長は、会長が務める。
3 総会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(全体会)
第11条 全体会は、委員を対象とした研修、情報交換会、調査研究、フォーラム等を行うため、必要に応じ、運営委員会で決定のうえ、会長が召集し開催する。

(運営委員会)
第12条 委員会に、委員会の企画、運営や活動に必要な調整・協議及び方針決定等を行うため、運営委員会を置く。
2 運営委員会は、会長、副会長、部会から選出された部会長を含む5名の部会委員(以下「運営委員」という)で構成する。ただし、会長が認めた場合はこの限りではない。
3 運営委員会は、会長が召集し、議長は会長が指名した者とする。
4 運営委員の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。

(役員会)
第13条 委員会に、運営委員会の準備及び市等との交渉・連絡調整、総会、全体会の素案作成等を行うため役員会を置く。
2 役員会は、会長、副会長、部会長で構成する。
3 役員会は、会長が召集し、会長が議長となる。

(アドバイザー)
第14条 委員会は、必要に応じてアドバイザーを置くことができる。
2 アドバイザーは、運営委員会の承認を得て会長が委嘱する。

(事務局)
第15条 委員会に、委員会の運営や活動に必要な事務及び経理等を行うため、魚沼市企画政策課まちづくり室に事務局を置く。

(市との連携)
第16条 委員会の運営に関する市との窓口は、事務局とする。

(公開)
第17条 委員会の総会、運営委員会、部会は、公開を原則とする。

(事業年度)
第18条 委員会の事業年度は、4月1日から翌年の3月31日までとする。

(補則)
第19条 この規約に定めるもののほか、委員会の運営に必要な事項は、運営委員会で別に定める。
 
  附 則
この規約は、平成20年 2月23日から施行する。
  附 則
この規約は、平成22年 6月 6日から施行する。
  附 則
この規約は、平成25年 6月15日から施行する。

  附 則
この規約は、平成29年 6月10日から施行する。